経済・社会

21世紀に入ってから始まった好調な経済成長の反面、サブサハラアフリカ諸国の工業化はあまり進んでいない状況である。世銀のデータを参照するならば、2000年に名目約955億ドル(2010年レート換算)だった付加価値額が2017年には約17 ...

経済・社会

華やかで、スキャンダラスで、活気にあふれる映画産業。アフリカで断トツで有名なのはナイジェリアの『ノリウッド』で、2018年に公開された父親からバス会社を引き継いだ女性経営者の奮闘を描いた『ライオンハート』がトロント国際映画祭で高い評価 ...

経済・社会

一昨日、弊社の顧問税理士からメッセージが入った。内容は「来月から政府が住宅基金の資金集めのため、雇用者、被雇用者の所得から1.5%を徴収すると発表した」というもの。来月まで半月もないこのタイミングで突発的な発表、案の定、職業団体を中心 ...

経済・社会

ケニアの普通の人々、庶民に「ケニアの失業率って実は7.4%くらいらしいですよ」と伝えた時、どんな反応が返ってくるか想像できる人はいるだろうか?

おそらく相手がタクシードライバーならば「あー、このムズング(外国人)はきっとサ ...

経済・社会

ケニアで『ママ・ムボガ(Mama Mboga)』といえば屋台や路上で野菜を売る女性を意味する。名前が示す通りこうした野菜売りのほとんどは女性で、少し前までは男性が野菜を売る光景はあまり見られなかった。しかし、最近では男性の野菜売りの数 ...

経済・社会

最新のケニアの人口統計によれば、現在ケニアでは重婚、つまり一夫多妻の形をとる人口が約150万人ほど存在する。キリスト教の浸透により若者世代を中心に一夫一妻が増加しているケニアではあるが、現在でも農村部や年配のケニア人を中心に重婚は継続 ...

経済・社会

ナイロビでは15日、武装集団によりビジネス系複合施設「14リバーサイド」が襲撃された。イスラム過激派組織アルシャバーブが関与したものとみられるが、翌日16日にはウフル・ケニヤッタ大統領が安全宣言を行い、事態は一応の収束を見せた。

経済・社会

FacebookやInstagramといったSNSは世界中どこでも人気だが、それはケニアにおいても例外ではない。ケニアの場合は自営業者が多いこともあり、SNS上で事業に関連するユニークなアイディアが次々と試されている。パメラ・オドゥオ ...

経済・社会ローカル, 妊婦,

子どもを妊娠すると味覚が変わる、というのはよく聞く話だ。ある人は甘いもの、ある人は酸っぱいものと何かの味が無性に食べたくなってしまうらしい。まさに「やめられない、とまらない!」といった具合だが、ケニアの女性にも無性に食べたくなるモノが ...

経済・社会スラム, 地域通貨, 開発経済学

ケニア、そしてアフリカにおける地域通貨の最前線を伝える本記事。前編では地域通貨に向けられる大きな期待と現地取材で発見された意外な現実を中心に構成された。後編では、ケニア、そしてアフリカで初めて本格的な地域通貨プロジェクトを実行したアメ ...