スタートアップ

情報は必要とする人に届かなければ無用の長物となる。ケニアでは多くの牧畜民や酪農家が勘や経験だよりの生産を行っており、少ない収入と共にトライ&エラーを繰り返している。近年では企業によって大規模な養鶏場や牧場が現れ始めたものの、小規模牧畜 ...

スタートアップ

アリババグループの創設者、ジャック・マーといえばもはや説明する必要はないだろう。彼が一昨年ナイロビ大学で講義を行った時、アフリカ問題についてこんなことを語ったという。

アフリカの貧弱なインフラ、社会、経済、政治的な状況は多 ...

スタートアップ

自宅に居ながら手軽に商品を購入できるeコマース、つまりオンラインショッピングが 世界中で急速に 広まっている。ケニアでもこのトレンドは広まりつつあり、サービスを手掛けるeコマース企業が市場でしのぎを削っている。

国連貿易会 ...

スタートアップ

教育の中でも性教育ほど論争が起こる分野も珍しいかもしれない。適切な性教育の有無は青少年の将来を左右し、特に妊娠や中絶など直接的な影響を受けやすい若い女子が自らの身を守るためには必要な知識といえる。その反面、伝統的価値観や文化的背景が障 ...

スタートアップ

現在行われている多くの授業は教師が黒板の前に立ち、図やグラフが少ない教科書を読み、ノートに黙々と課題を解くというようなもの。教師と生徒の間で相互コミュニケーションは限られ、疑問に思った点を考える時間は少なく、なんなら『巻き戻し機能』が ...

スタートアップ

フォーマルセクターでの雇用(正規雇用)が限られているサブサハラアフリカでは、大多数の労働者はインフォーマルセクター(非正規分野)で糊口をしのいでいる。ILO(国際労働機関)の推計ではサブサハラGDPの約41%がインフォーマルセクターか ...

スタートアップ

ナイロビでちょっとした用事を済ませないといけない時、「ああ、誰かがこれをやってくれたらいいのに!」と思ったことがある人は多いだろう。ちょっとした買い出しのはずが渋滞に巻き込まれてせっかくの休日が台無しになってしまったり、郵便局に届いて ...

スタートアップ

現在世界中でデジタル化による第四次産業革命が進んでいる。ビッグデータやIoT、人工知能に加え、革命の一端を担うのが3Dプリンターだ。従来の大量生産という製造形態からマスカスタマイザーション、つまりそれぞれの消費者に「パーソナライズ(個 ...

スタートアップイノベーション, エネルギー, ソーラー

世界的な人口増によりエネルギー需要が急増している中、天然資源から再生利用可能エネルギーへ移行する必要性が指摘され続けている。特に人口増が顕著なアフリカでは薪(たきぎ)や木炭需要が増えており、森林破壊といった環境リスク、室内で二酸化炭素 ...

スタートアップイベント, スタートアップ

ケニアの首都ナイロビで12月7日、日本のベンチャーキャピタルであるリープフロッグベンチャーズ社(以下、リープフロッグ社)がテック系スタートアップ支援イベント、『ブリッジ・イーストアフリカ』を共同開催した。5000シリング(約5500円 ...